<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
回想・・・
 心の整理がつかなかったので、思いつくまま書いてみます。

12日、祖母が亡くなりました。
4年程前から施設(病院?)に入っていたし、高齢(92歳)だったので驚くほどの出来事ではなかったのですが・・・。
でもやっぱり、同じ家(別棟ですが)に住んでいたし、お別れが言えなかったのが心残りです。

私が小学校低学年の時に曾祖母が亡くなるまでは、おばあちゃんが二人いたので「おおばあちゃん」と「ちゅうばあちゃん」と呼んで、区別していました。
「ちゅうばあちゃん」は洋裁が得意だったので、隣に座って私のオーダーした服が出来上がるのを眺めていたっけ・・・。意識した事はなかったけど、私が裁縫好きなのは「ちゅうばあちゃん」の影響だったんだなぁ。デコんぱちなおでこも肌の質も「ちゅうばあちゃん」に似てるかも。

去年、一昨年と旦那もたて続けに祖母を亡くし、そんな時に遠く離れているのを痛感したり・・・。

7月の帰国まで、待っててくれたらよかったのに。

年明け早々、大学の同級生が亡くなったと聞きました。
彼女とは卒業以来会ってなかったんだけど、某SNSで再会(?)し・・・。
入退院を繰り返していたみたいなので、やっと楽になれたんだ・・・って思いたい、思うしかない。

彼女の京都弁がふわふわと頭の中で踊ってる。
とっても印象に残る一言があって、「私が男だったら、絶対にあなたとは付き合いたくない!」と面と向かって(苦笑)。もちろん言われた時は「はぁ!?」とカチンときたけど、時間が経つにつれて「あー、やっぱり?そうだよね・・・」と。若かった頃は、もっと(今と比べものにならないくらい!?)トゲトゲ、キツかったんだろうな。
帰国したら会いたいなぁって思ってた。
会って「ねぇ、そう言ったの、覚えてる?」って聞きたかった。きっと覚えてるだろうな、彼女の事だから。そして、「だって本当にそう思ったんだもん。」って言いそう。




今回、祖母が亡くなって、整理しかけた彼女の事までグルグルグルグル。
色んな事を思い出すと、視界が滲んでくる。
時間が解決してくれるまでは、仕方ないな。
| - | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
お悔やみ申し上げます・・

そうだね、つい先日の彼女の死は私の中でザワザワ落ち着きません。
彼女は私に
「garamakiはロマンチストすぎや〜幸せにならなあかんで〜」
とよく言ってました。

私からすれば彼女は「安泰人生を絵に描いたような人」に見えてたから余計に「なぜ?????」なわけで・・
逆に私は当時いつでも突拍子もなく、フワフワと落ち着きなかったからね〜

彼女は逆にハメを外してみたかったのかな・・

個性的で存在感のある人でしたね。
| garamaki | 2009/02/16 10:14 PM |
あつこさーん(:_;)
お悔やみ申し上げます。
離れたところに住んでいると、こういうときに距離の大きさを感じてしまいますね。
私もオーストラリアにいた頃に、同級生を交通事故で亡くし、同居していた
祖父を脳梗塞で亡くしました。(遠い親戚などは除く、、)
どちらも会えなかった。
祖父なんて、あたしが日本に向かって飛行機に乗っているときに亡くなって…
こんな言い方はとっても不謹慎かもしれないけど、これが祖父や祖母じゃなく、
もっと自分に近い両親や妹だったらって考えるとあたしはこんな遠くにいて
いいのかなぁって考えてしまいます。
おばあ様もご友人も、こうして思いだし悲しんでくれる人がいて幸せだと思います。

ちなみにあたしはあつこさんと付き合えるけどなぁ〜。
| yukie | 2009/02/18 12:35 AM |
京都弁のやわらかいイメージがあるからか、旦那は「意外」って言ってたけど、彼女って自分自身に厳しいでしょ?だから「やっぱり・・」って私は思った。自分自身に厳しいからこそ、病気も悪化しちゃったのかなぁ〜。程度は違うにしろ、似たような経験もしたことがあるから、すっごく悔しいんだよね。ほんの少し何かが違ったら、こんな結果にならなかったんじゃない?って・・・。
garamakiちゃんは、彼女の言うとおりに幸せになってるから、きっと喜んでるね。

彼女って外人顔(ロシア人)じゃない?こっちへ来てから、「あっ、彼女に似てる!」って思う事が度々あって、よく思い出していたんだ・・・。

garamakiちゃんの引越し準備も着々と進んでるみたいで、楽しみにしてるよ〜♪
| peace→garamakiさん | 2009/02/18 11:46 AM |
祖母はもう高齢だったから、もしかしてって思っていたけど、本当に亡くなってしまうとやっぱり悲しいね。旦那は「帰りなよ」って言ってくれたけど、こんな不便な場所で子供二人を旦那に任せるのは心配だったし、おチビは熱出しちゃうし。そして帰国しなかった事を今更後悔したりして・・・。

え〜〜!私だったら、自分自身とやっぱり付き合いたくないかもって思うよ。てーか、旦那の立場は??笑
| あつこ→yukieちゃん | 2009/02/18 11:53 AM |
あら〜。知らなかった。今、読んだよ。おばあ様、天国に行かれたのね。私も自分の祖母の亡くなったときのことを思い出してうるうるしてしまいました。寂しいよね…。元気をだしてね!!
| truth | 2009/02/22 3:48 PM |
すっごく遅い返事でゴメン。
お盆とお正月に里帰りして会うおじいちゃんおばあちゃんとはまた違った気持ち。たまにしか会わない祖父母も大好きだけど、一緒に住んでた祖父母はケンカしたりしたけど色んな思い出があるよね。
寿命を全うしても、人が亡くなるのは本当に悲しい。だからわざわざ戦争とかしなくてもいいのにって小さい頃から思ってたよ。こんなに攻撃的な性格でも(苦笑)意外と平和主義なんだよ、peaceってだけあって・笑。
| peace→truthさん | 2009/04/07 3:23 PM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://kurageblog.jugem.jp/trackback/51